201718シーズン新曲情報7月3日版宮原、本田、白岩

関西大教育後援会創立70周年アイスショーに出演した濱田組の新曲が明らかになりました。

宮原知子

FS蝶夫人振付トムディクソン

順調に回復しているようです。アイスショーで披露したのは1516シーズンに使用したエキシビションナンバー翼をくださいとアンコールで去年のFS惑星だったそうです。

5月から氷上に復帰しまだまだ感覚が戻っているわけじゃないというが足のことを考えず思いっきり滑れたとにっこりはにかんだ宮原。出典

オリンピックの勝負曲は大定番できましたね。そういやタラソワが知子ちゃんのことを、勝つには日本の成分がたらない、といったことをいってましたっけ。今年の曲はその日本の成分がはいったものです。キャラ的にもあうのかもしれません。

とにかくケガを再発させないことが一番大切と思われます。練習時間の工夫をするなど、なんとか実りあるシーズンとなりますよう。積み重ねてきた実力が発揮できれば、やはり日本では群を抜いた存在だと思いますので。

出典

本田真凜

SPジェラシー、ラクンバルシータ振付ジェフリーバトル

FSトゥーランドット振付たぶんデイィッドウィルソン

予想があたらなかったのにはほっとしました。

しかし先シーズンが真央ちゃん羽生君で、今季は荒川さんですか(;)ショートのジェラシーが今年の荒川さんのプロとかぶってしまったのはたぶん偶然ですけど、それにしても、ラクンパルシータもタンゴといえばこの曲、というぐらいよく使われる曲。シングルでは、ジョアニーロシェット、シェイリーンボーンが好きです。シェイリーンのはプロになってからのですけど。この間の荒川さんのジェラシーはもう何度もみかえしてしまったお気に入り。タンゴは大人が滑ったほうがしっくりくると思ってるんでしょう。なんかリピ病がでるのがお約束のような気がするでも、マスコミは好きでしょうね。

今年もバトルとのこと。う〜んステップが最後にくるということで、それはかっこいいステップを振付てある可能性は高いとはいえ、音取りは真凛ちゃん流かなあこの曲、たぶん、主旋律だけでやれないことはないですので。

トゥーランドットは曲的にはあうような気はします。テンポがたぶん、一番得意な速度でないかと。しかし、これは昌磨くんも使う曲。それも二年目で音楽表現をあげてくるはず。下手すると、これもリピ病対象のようなただし対象が同じシーズンの男子という

こちらは先生が選んだということですが、先生というのは誰をさすんでしょう?濱田先生かしら、それとも振付師の先生たぶんデイィッドウィルソンかしら。どうも濱田先生っぽいですよね。記事に、オリンピックイヤーなので。ロシア勢に対抗するには東洋人的なものを出した方がいいと説明。東洋を舞台にしたオペラで挑む。とありますから。振付がデイィッドだったとしたら、曲を指定されて振付やるんですね。自分から曲を選びたいタイプだと思ってました。あ、でも先シーズンの羽生君エキシも曲が先にあったんでしたっけ。

真凛ちゃんの好きなところは変な力がはいらず、脱力できるところです。腕できれいだなと思うところとか、ジャンプのあとのフローとかはその産物に見えます。力いれないって難しいんですよ。特に、日本人って体を緊張させる傾向がはっきりしてますから。もちろん曲調にもよりますけど、基本的には、妙な力がはいった踊りって、あまり美しいものでないです。必要最小限がおそらくは理想。いえ、スポーツは基本的にはそうかも。野球でも力んだバッターは凡退しますし、ピッチャーは四球だしたりしますもんね。

たぶん、曲をこんなふうにしたい、という意思がはっきりあるのも大きな長所なのでしょう。たぶん、というのは、本人の意思が曲より先走っているのじゃないか、と個人的には思えるからです。音楽がある必然性がないというか作品としてみせたいものの意図はわかる、でも、音楽とのつながりは?というのが真凛ちゃんプロをみたときに感じます。去年のFSは2016年内は少なくともそうでしたし、今年のアイスショーでみせたエキシも同じ傾向に見えましたがこのあたりはたぶん、単なる個人の好みですけどね。あと、たぶん、主旋律だけに合わせて滑る日本人スケーターに多いタイプですこのブログではメロディ取りといってます。バトルは基本、リズム取りで、楽器をみんな聞くタイプ。2016年度でのFSの違和感はそこにあったように思います。世界選手権のときにはFSはメロディ取りになってました。たぶん改定したのでしょう。二年目だから、バトルは心得ていると思いますが

出典

白岩優奈

SP亜麻色の髪の乙女

FS展覧会の絵

へえ、こういう曲調できましたか。去年のSPを持ち越してもいいかと思ってたのですが、本人が変えるといってたので新プロがくると思ってものの、この曲は意外でした。

去年のは楽しくてはじけるような曲だったので、今回は静かな曲で演技したいと思ったと白岩。フリーは展覧会の絵で臨むと話し去年使うつもりだった曲。骨折して使えなかったのでと説明した。出典

振付師情報はなかったのですけど、フリーがディクソンなんですかね?

トリプルアクセル、四回転の練習をしているようですね。トリプルアクセルをいれたい、ともいってます。体は大丈夫なのかな。もうケガはしませんように。大きな故障がなく練習を継続できる、というのが伸びる一番のポイントなんですから。その上で自分に勝つ、ってのはとっても難しいことですが

出典