《創造者に導かれる旅》その63 「明日の今ごろ、雹が降り、高ぶる者は頭を手で押さえ逃げ出し、低められた者は両手を挙げて天を仰ぎます。」

《創造者に導かれる旅》その63 「明日の今ごろ、雹が降り、高ぶる者は頭を手で押さえ逃げ出し、低められた者は両手を挙げて天を仰ぎます。」

出エジプト記 9:17 あなたはいまだに、わたしの民に対して高ぶり、彼らを去らせようとしない。9:18 見よ、明日の今ごろ、エジプト始まって以来、今日までかつてなかったほどの甚だ激しい雹を降らせる。

イスラエルの民を奴隷の身からけっして解放しようとしないエジプト王ファラオに向かって、神さまは「あなたは高ぶっている」と言われました。現在の世界にも、高ぶり、世界を自分の意のままにしようと、抗う人びとを腕力と権力で抑え付け、虐げられている人びとや貧しさを余儀なくされている人びとをけっして解き放とうとしない政治家たちが存在します。また、「自分は正しい、相手は間違っている」と高ぶるわたしたちがいます。けれども、神さまは、「明日の今ごろ」、かならず強い力で高ぶる者を低くし、低くされた者を引き上げてくださいます。雹が降れば、高ぶる者は頭を手で押さえながら逃げ出し、低められた者は天を仰ぎます。わたしたちは、明日が来ることを信じて、祈り、主の導きに少しでもおこたえしながら歩みたいと想います。

今週の祈り「主なる神さま、暑さの中、祈りの木陰にお招きくださり、心より感謝を申し上げます。神さま、この夏、あなたのもとに召された方々がおられます。どうぞ、その方々を平和で包んでください。悲しむ方々を悲しみごとあなたの御手で抱きしめてください。神さま、高齢の方々が、一日一日を安らかに過ごすことができますように。神さま、天の平和を地にももたらしてください。こころだけでなく、わたしひとりだけでなく、世界を平和にしてください。戦争、差別、強奪、暴力、暴言のない世界にしてください。わたしたちをお用いください。イエス・キリストとともにあなたを仰ぎつつ、このお祈りをおささげいたします。アーメン」