オスプレイ参加予定の日米共同訓練公開

オスプレイ参加予定の日米共同訓練公開18日からアメリカ軍の輸送機オスプレイが参加する予定の日米共同訓練の様子が報道陣に公開され、陸上自衛隊とアメリカ海兵隊が戦車などで実弾射撃を行いました。

日米共同訓練は、今月10日から陸上自衛隊とアメリカ海兵隊合わせて3300人が参加し、千歳市などにまたがる北海道大演習場、上富良野町などにある上富良野演習場、それに矢臼別演習場で行われています。

このうち16日は、北海道大演習場で行われている訓練の様子が公開され、日米双方の隊員およそ300人が参加して、敵の陣地に攻め入るという想定で戦車などがおよそ15キロメートル先の目標に向けて砲弾を発射しました。

その後、日米の部隊は横一列に並んで、小銃や機関銃を撃ちながら、攻略地点に向かって、進んでいきました。

今回の訓練にはアメリカ軍のオスプレイが初日から参加する予定でしたが、オーストラリアでの墜落事故を受け、防衛省はアメリカ軍に対し飛行の自粛を要請していました。

しかし、防衛省が15日、安全が確認されたとして飛行を容認したことを受けて、オスプレイは18日から訓練に加わる予定で、道や演習場のある自治体では安全管理に万全を期すよう求めています。

再生核研究所声明33620161217オスプレイ事故についての反響について

この声明は書きづらい課題であるが、声明に関心を持つ方のご要望であるので触れてみたい。

書きづらい課題について触れる訳であるから、はじめに再生核研究所声明の趣旨について参照して頂きたい再生核研究所声明832012411再生核研究所声明とは何か。さらに、社会の問題の基本は公正の原則を基礎に考えるべきであると述べてきた再生核研究所声明12007127良い社会を作るには。

この事故に対する、国内世論、いろいろな意見に対する意見表明に対する見解を述べたい。

まず、本来在るべき筋は、日本国憲法による日本の交戦権の放棄に対する補完措置として、アメリカ軍が日本に駐留し、日本の安全を保証するが、アメリカ軍の立場であるから、事故にあえば、日本は協力的な姿勢を取り、いやしくも駐留する兵士たちが不愉快になるような姿勢や言動は厳に慎むべきである。自衛隊の事故以上に丁寧に敬意を以て対処すべきである。事故を以てアメリカ軍の基地の反対やオスプレイ配備に反対するのは筋違いの議論であり、基地が存在すれば、いろいろな事故があるのは当然であり、基地の存ようを定めるのは日米政府の権限であり、現地の軍人や警察関係者ではないのだから、それらに対する抗議活動も筋違いであると考えるべきである。諸の抗議は自国の政府や国会議員たちに働き掛けるべきである。軍人や警察官は命令によって公務上の任務を遂行していることを肝に銘じるべきである。一般に人の不幸や失敗に対して嘲るような言動は卑しい行為である。人にはいろいろな考えや立場があるのだから、批判にはそれなりの丁寧さが求められる。

本来の筋の議論を忘れて、事故の機会を捉えて、いろいろな嫌味を言っているような言動は誠に恥ずかしいものと考える。

しかしながら、沖縄県民の、国民の永い、外国軍の軍事基地の存在、或いはそのために、美しい海の汚染や、環境の悪化に対する強い反対の存念は良く理解できる。実際、何時まで軍事的な対立で地球を汚染し、膨大な経費を軍事費にかけているのかと、人類の愚かさには嘆かざるを得ない。また、日本国の存りようとしても外国軍の駐留を何時まで続けているのかと大いに疑問を呈してきている再生核研究所声明2432015831日本国の在るべき姿について現在の世相についての心情再生核研究所声明270(201611)アジアの進化を願って。しかしながら、これらの大きな政治課題は国の最高機関である国会を通して、国政の問題として進めるべきである。それが民主主義の在り様の原則である。

基地反対の多くの運動は相当に筋違いの運動であると言えるのではないだろうか。基地存在の是非は多くは国際平和の機運の状況に掛かっており、国際環境の進展と改善に大きな努力が向けられるべきではないだろうか。離れた世界から見ると、日本の右傾化の世論、マスコミや言論界の存りように批判が向けられるべきではないだろうか。実際、日本が自らアジアの緊張を作り出している現実があると考えられる恥ずかしい、NHK始め日本のマスコミ

再生核研究所声明324201610:01日本国民の初歩的な誤解真相を知らされていない

石原元都知事が中国挑発尖閣クリントン氏発言沖縄

内部告発サイトウィキリークス米大統領選候補のクリントン氏が米金融大手で行った非公式の講演会の内容を公開した件で、クリントン氏が尖閣問題について、従来棚上げ状態だったものが中央政府に行動を強いた日本の国粋主義者によって悪化したと発言していたことが分かった。石原慎太郎東京都知事による尖閣諸島購入の動きが中国を挑発したとした。クリントン氏は当時、外交政策を取り仕切る国務長官で、同氏が大統領に就任した場合、尖閣問題については、日本側が緊張を高めたとの認識に基づく対応を取ることが考えられる。

ウィキリークスが公開したのは2013年6月4日に米金融大手ゴールドマンサックスで行われた講演の記録。

クリントン氏は尖閣を巡る従来の日中の対応はお互いに何もせず、あまり関心を払わず、そのままにしておこうという方針だったと説明。しかし石原元東京都知事が個人所有だった尖閣諸島を買おうとし、中国を直接的に挑発したとした。その後、日本政府が東京都知事に買わせてはまずい。中央政府として購入すべきではないかということになり、政府が国有化を決断したと話した。

琉球新報

尖閣、領有宣言などして良いことはありましたか。近づくこともできず、警戒と緊張、軍拡、アジアに緊張をもたらしている。ぼんやりしていると、戦乱、アジア壊滅に。島は、都のものになったのでしょうか?購入するなど馬鹿げたことを考えていた人がいたのでは?情けない。

アジアに内乱が起きたらどうなるかと真面目に考える必要が。良心的な政治家、カーター大統領は尖閣は、日本が悪いと言っていましたね。NHKはじめ、日本のマスコミは、真相を報道せず、一方的に日本の立場しか伝えていない。なぜ尖閣問題は起きたか、考えるべきでは?単細胞的に、理論的に考えれば、尖閣問題は平和憲法の精神に反する日本の一種の挑発行為であると考えられる。

日本の賢明な対応は挑発者の断罪と謝罪では?早いほうが良い。しかし、中国がサッチャー首相のように軍を出せば、アメリカは出軍せざるをえず、消耗戦になり、中国と日本は壊滅になるのでは?

平和の機運を高めることこそ、基地問題の根本的な解決と世界史の進化の方向であると考える。ところが日本の方向は逆方向で、苦しい財政にも関わらず、軍事費を増大させている有様である。

それでは、基地の拡充の方向になってしまう。

以上

再生核研究所声明123(2013818)日本国の自立を求めてーなぜ自立を求めるかそれは、日本の固有の美しい文化を維持、発展させるためである

201381008:35再生核研究所代表と電車の中で話しているときに、突然、自然に構想が湧いたものである

植民地支配を受けた多くの国が、文化面ばかりではなく、経済的にも豊かになり、反って植民地支配の恩恵を受けているようにみえる状況は広く見られる。このような場合、自立とか、独立は反って変な状況をもたらす面も無いとは言えない。もし悪い政府に帰属されれば、そのような存念を一層深めるのではないだろうか。

日本国とて、敗戦によって、自由と民主主義が与えられ、女性の解放、多くの良き明るい文化をもたらされた面は多く、そのような点では戦勝国アメリカに対する、謝意と敬意を抱くのは当然である。

しかしながら、日本国はより自立した国家を目指すべきである。その主な理由を簡潔に纏めてみたい。

アメリカに一層従属していれば、戦後アメリカが侵してきた軍事面での失政に同盟国としての参戦あるいは、軍事的な貢献は実際避けられなかったろう。ベトナム戦争、その後におけるアラブにおける軍事介入など、アメリカの大義なき戦争への参戦である。すなわち、アメリカに対する盲目的な従属は危険であり、命も経済面での損失も計り知れない犠牲を強いられたであろう。ここで、アメリカと一緒に軍事、経済を同盟国として、一緒に進めたいという考えには一理あると考えるが、再生核研究所の志向は、自立した国家として、適切に助言し、共に世界史の進化を志向しようとの考え方である再生核研究所声明25日本の対米、対中国姿勢の在りようについて。アメリカ国民にとっても、上記ベトナム戦争や、アラブ軍事介入などは望ましいものではなく、そのような愚かな方向に行かないように同盟国として、頼られ、信頼される国家たるを目指すべきである。

上記のように敗戦によって、大きな明るい文化がもたらされたことは高く評価されるが、他方、ここ60年を越えて、日本固有の美しい文化が侵され、競争社会、評価主義などがグローバリゼーションの名の下に広範な影響を受けて、日本社会が暗い、悪い方向に向いている状況が顕著に出てきている。

対アメリカと比較すれば、多くは、日本社会や日本文化の方が優れているのに、反って悪い社会や低質な文化を受け入れているように見える。

現在のような従属的な在りようを続ければ、どんどん日本の美しい文化が侵され、日本国の日本国たるものを失ってしまうのではないかと危惧される。

しかるに、少しでも自立した真面な国家を志向しようとしたら、マスコミを始め、検察や言論界など政界に圧力をかけて、アメリカ従属姿勢を志向し、日本国の自立を自ら放棄しているように見えるのははなはだ残念である。

当たり前の、自立した真面な国家を目指そうではないか。そのような方向で、世界史の進化を志向し、世界に貢献していきたい。基本は、平和憲法の精神で、平和憲法の維持によってできると考える。

以上

付記

330美しい国、日本2008/2/11:

今日は、建国記念日です。日本には、世界に誇るべき美しい文化と人類を導く良い考え方があると思います。多額の借金と少子化及び教育の荒廃によって、このままいくと日本国は、衰退の道を辿る事にならないでしょうか。何とか、日本国の再生を期したいと思います。もちろん、日本国の神話は大事にすべきではないでしょうか。

美しい国、日本

日本は美しい島国です。

豊かな水で多くの川が流れています。

日本には山が多く、山は緑に覆われ、また雪に覆われたりしています。

日本の空と海は美しく、多くの詩と夢を育んできました。

日本は大きなひとつの家族のようで、みんな一緒に助け合ってきました。

言葉がなくてもお互いに理解でき、細長い国のため、四季とともに多様性にとんでいます。

日本には天皇陛下がおられて、家の氏神様の頂点におります。

天皇陛下のおられる皇居は日本の美しいものの、心の源になっています。

ですから先の大戦では天皇のお言葉一つで完全なる終戦を迎えることができたのです。

京都は千年をこえる日本の都でしたので、日本人の故郷です。

多くの人は京都を訪れて、故郷に帰ったような不思議な郷愁を感じるのです。

伊勢は古代からより古い日本人の故郷です。ですから日本の首相は新年にまず伊勢神宮を参拝するのです。

日本の文化には自然とともにある繊細さがあります。俳句や和歌を多くの人が愛でて、人に優しく気遣いができるのです。遠くのインドのお釈迦様の教えや中国の孔子様の教えが、美しい風土からうまれた神道と共に溶け込んでいるのです。

これが世界に唯一つしかない美しい日本国です。

から日本の将棋は取った相手の駒を自分の兵隊として使用するので、これは捕虜の虐待ではないかと問われた升田は次のように反論する。

冗談をいわれては困る。チェスで取った駒をつかわんのこそ、捕虜の虐殺である。そこへ行くと日本の将棋は、捕虜を虐待も虐殺もしない。常に全部の駒が生きておる。これは能力を尊重し、それぞれに仕事場を与えようという思想である。しかも敵から味方に移ってきても、金は金、飛車は飛車と元の官位のままで仕事をさせる。これこそ本当の民主主義ではないか

格好良すぎるぞ。升田幸三

日本の借金、初めて1000兆円超える

日本の政党は腐敗している80独NGO調査

再生核研究所は日本国の在るべき、基本的な在り様について次のように提案してきた

再生核研究所声明6憲法問題に対する提案

再生核研究所声明8日本国の防衛の在り方について

再生核研究所声明11国の構成について

再生核研究所声明25日本の対米、対中国姿勢の在りようについて

再生核研究所声明39普天間基地問題の総括戦略なき対応と文化力

再生核研究所声明46日本国の1つの国家像、あるべき姿について

再生核研究所声明49アジアの愚か者、アジアの野蛮性

再生核研究所声明109201328中国の出軍は、道理であり、日本の出軍は憲法違反である公正と法とは何か、おかしな日本のNHKと世相

これらを要約すれば、世界に誇るべき、日本国憲法の精神によって、国の在りようを進めていこうということにある。これは、世界の平和は、まずは、国連、すなわち、国連常任理事国第二次世界大戦戦勝国に任せ、日本は謹慎し、内実を図り、平和憲法の精神で進めれば良い。出過ぎて良いことは何もないと言うことである。いまだ、世界も見えず、庇護を受け、自立心もない、己が分を弁えよ。EUや世界は進化しているのに、日本は東西冷戦時代や戦前のような集団防衛構想など、全般的に古い時代を志向しているように見える。アメリカの傘の中での、国防安全を志向したり、いまさらの軍備増強の風潮である。日本は高い文化力、経済力で、和の精神を基本に平和憲法の精神で、世界に展開できると考える。世界は大きく開かれているのだから、優秀な人材を育成し、世界と世界史に誇れる日本国憲法の精神に回帰し、世界に貢献できる国家を志向しようではないか再生核研究所声明109。

しかるに、NHKを始め、マスコミ、日本の偏狭な政治勢力が世界的にもおかしいほど、軍事的緊張を喧伝したり、軍備増強を煽ったり、さらに、憲法改悪まで公言してきたのは狂気的な世相であると嘆かざるを得ない。ただ幸いなのは戦前とは異なり、日本の軍関係者が極めて冷静、真摯な態度をとっているように見えることである。

マスコミ関係者や、一部の政治家には、何とか、軍事緊張を煽って、日本から戦争を始めたいような相当組織的な力が広範に働いているように感じられる。それは、中国の政権交代期を狙って、永年安定していた、尖閣諸島領有権問題を自ら引き起こし、挑溌していること、それらを中国の侵略などと言い換える悪質、卑劣な形相に現れている。

今や、平和憲法が日本の侵略を押さえていると解釈できよう

日本国憲法第9条

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本国憲法前文一部

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

今や、憲法が日本の兵士と日本国を守っている実状が良く見えるだろう。平和を憎むように、世界に誇る憲法を何とか改悪して、戦争ができるようにしたいと考えているように見える。

戦前なら別であるが、真面目に慎ましく世界に経済、文化で貢献しているような国を武力で侵略できるような世界の状況かと考えれば中国などの脅威などは全くの幻想であることに気付くだろう。実際、中国は世界中に人を出しており、2000年の歴史上、日本は中国をしばしば侵略してきたが、中国は1度も日本を真面に侵略したこともなく、広大な自分の国を纏めるのに精いっぱいではないだろうか。万里の長城は何のためにあるのかと考えたい。実際、中国は小さな北朝鮮さえ手なづけられないように見える。

憲法の改悪は、国の在りようの基本を変えるものである。今こそ、世界に誇れる日本国憲法を世界の人と共に守り抜き、世界史の進化を志向しようではないかと訴える。

以上

映画二百三高地

高地の突撃を繰り返しながらも戦死者が続出するだけでまったく成果を上げられず、非難を浴びる乃木希典大将仲代達矢と、なぜか彼を交替させようとしない明治天皇三船敏郎

そして親友の乃木を見かねて現れた児玉源太郎大将は味方の弾が味方に当たっても構わないと豪語する。そんな中、兵士たちは疲弊し、次と斃れてゆき、かつてロシアとその国の文学を愛していた教師あおい輝彦の心には、ただ敵に対する憎しみだけが募っていき、ついにその想いは乃木に対してぶつけられていく。

正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。

正義も理屈をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。

芥川龍之介侏儒の言葉より

十一月二十七日、司令部は二百三高地攻撃を決定した。その日、小賀は捕虜の通訳を命じられたが、兵には国家も司令官もない、焦熱地獄に焼かれてゆく苦痛があるだけと拒否、その言葉は激しく乃木の胸を打った。

あと、乃木大将が前線視察に赴いたときに一人の兵士に声をかけましたが、兵士からどうせわしらは消耗品ですさかいの言葉を聞いた大将は、驚きと落胆の表情をしていました。さすがはベテラン俳優です。今の俳優にはない演技です

こ、児玉ぁ!わしゃ木石じゃないぞッ!!と乃木が親友児玉におもわず叫んでしまい、その台詞に児玉が乃木ィッ!!おぬしの苦衷なぞ斟酌しとるヒマは儂にはないッ!!儂が考えてることはのう、ただこの戦争に勝つこと!それだけじゃッ!!と一蹴する

全ての命に、限りがあるのならば、海は死にますか、教えてください

再生核研究所声明270(201611)アジアの進化を願って

再生核研究所は世界の平和を願って、いろいろな提案を行っているが、アジアについても具体的に建設的な提案を行っている。近年、いわゆる慰安婦問題がわき起こりアジアの世相は賢いEUに比べて、愚かで野蛮な状態にあると言える。アジアの進化の為に簡潔に原理を述べたい。詳しくは、下記の一連の声明に述べられていると言える

再生核研究所声明49アジアの愚か者、アジアの野蛮性

再生核研究所声明942012918日本国よこんなことで良いのかあまりにもおかしな日本国中国に大義あり、日本国の侵略は歴然

再生核研究所声明982012923矛盾、日中は戦争状態にある、日本はそんことをしていて良いのか、原因を取り除け

再生核研究所声明1012012103慰安婦問題おかしな韓国の認識、日本の認識

再生核研究所声明10320121012日中戦争の経過と状況の分析賢明な終戦と和平

再生核研究所声明1082012128敗戦国日本よ、情けないぞ自主独立を求め、米中との友好関係を日本国憲法の精神で進めよ。アメリカは、日本の自治を尊重して、政治介入を控えよ。

再生核研究所声明156201451尖閣諸島、簡単な算数と愚かで卑劣な日本国

先ず、日韓問題であるが、慰安婦問題で、妥協したかと思いきや、日韓両国で激しい反対運動が起こり、両国政府とも大きく傷ついているように見える。韓国の慰安婦問題の提起は、声明101のように、道理に叶ったものではなく、元慰安婦等が不満があれば、自国の政府に保証を求めるのが道理である。戦後保証などいちいち求めていては戦後はいつまで経っても終わらず、平和を享受することはできない。今回の件、両国政府の思惑通りに行っても、両国の国民感情はお互いに悪化して、その国民感情による損失の方が甚

大であることを冷静に判断すべきである。過去の暗い歴史記念碑を、アメリカなどに立てて自国のだらしなさを国際社会にさらけ出すのはアジアの野蛮性として世界の嘲笑をかうだろう。表向きにはアジアを分断するため、そのようなことを囃すようなこともあるかも知れない。もちろん、日本がそのようなことをしていれば、当然、日本は批判の的になるが、そのようなことを許した韓国のだらしさも同時に批判され、韓国の国民は長く、傷つくだろう。日韓両国にとって、そのようなことは何も良いことはないだろう。韓国は、戦前のことに拘らず、日韓友好親善関係を深めるべきである。これこそ、如何なる外交政策より優れた、実りあるものになるだろう。喧嘩両成敗という言葉があるが、それには一理あると考えるべきである。慰安婦問題などはどっちもどっちのアジアの愚か者、野蛮人たちのことと世界の人は思うだろう。

日中関係では、日本が尖閣諸島の領有権を一方的宣言にして、いわば侵略的な行動をとったもので、日本の非は歴然である。日本は責任者の断罪を行ない、中国に謝罪し、元に戻し、日中友好関係を積極的に進めるべきである。上記声明で、いろいろ提案しているようにその後の両国の甚大な実際的な損失を冷静に分析し、大いに反省すべきである。友好親善関係が両国にとって如何に実際的な利益を生むかを冷静に判断すべきである。日中関係が緊張すれば、アジアの甚大な損失になることは、歴然である。

中国が南海に進出する状況が中国拡大戦略の一貫として、宣伝される状況があるが、これは誤解を受けるだけで中国の大きな損失であるから、国際的にも懸念されている中国の環境問題の悪化や経済問題など内政の充実に向かい、軍拡の機運を縮小されることを期待する。もちろん、日韓もそうである。

上記一連の声明は、帰するところアジアに乱を起こさず、EUのように賢く友好関係を深めて、欧米のアジア介入を阻止したいということである。日中韓は漢字圏として、偉大な中国の文化の影響を深く受けており、民族としても兄弟、文化的にも兄弟であるから、漢字圏国家として特別な友好関係を築いていきたい。過去に拘らず、未来志向で、アジアの進化を期待したい。ここで、日本だけが、調子が良いとは言えない。日本国は原爆を2個も落とされ、都市を破壊され、厳しい戦争で傷ついてきたことを軽く考えるべきではない。大谷杉郎元群馬大学教授は、第二次世界大戦の本質は、世界列強の世界侵略に対する日本の切ない反逆です、と言明されている第二次世界大戦と日本の良心ー大谷杉郎2007/4/12夜明け前よっちゃんの想い文芸社2009。結果として、大戦後アジアの国が独立出来たという事実は大事ではないだろうか。

以上